アルニコ磁石とは

アルニコ磁石とは、鉄に加えアルミニウム(元素番号13の元素で、銀白色の金属で、建材などに使われます。)、ニッケル(元素番号28の元素で、銀白色の金属で、メッキなどに使われます。)、コバルト(元素番号27の元素で、銀白色の金属で、様々な合金に使われます。)などを原料として鋳造(ドロドロに溶かした液体の原材料を型に入れて冷やし固める)された磁石(鋳造磁石)のこと。

  

各元素記号を単純に並べて、「アルニコ」と名付けられました。

 

 銅などを添加物として加えることがあり、強い永久磁石として利用されます。

20世紀半ばまで主流の磁石であったが、1960年代にコンゴ動乱(アフリカ、コンゴでの内戦)の影響によって原材料のコバルトが暴騰(とても値段が高くなること)したため、より安価で造形の容易なフェライト磁石などに主役の座を奪われました。

  

一般的に利用可能な磁石として、ネオジム磁石やサマリウムコバルト磁石などの希土類磁石(レアアース磁石)と同じくらいに強い磁力を持つ。

 

 アルニコ磁石は地球の磁場の約3,000倍に相当する1,500ガウス程の磁束密度を持つ。

用途

アルニコ磁石は電動機やセンサーなどに主に使用されるほか、変わった用途として5cmくらいの棒状にしたアルニコ磁石を、牛に飲み込ませて第二胃内の針金などの鉄片を束状に吸着させて創傷性心膜炎¹を予防するために使われる。

¹創傷性心膜炎:尖鋭な(するどい)異物が第二胃(牛の持っている胃の二つ目の胃)を穿孔(つらぬくこと)して横隔膜(胃・肺の下にある臓器を仕切る膜のこと)をつらぬき、 心膜(心臓を包んでいる膜のこと)に達することによって起こる。

欠点

保磁力(長い年月の間、磁力を保つこと)がそれほど大きくない。

参照文献:
[1]Wikipedia アルニコ磁石
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルニコ磁石 (アクセス日2020年11月23日)