フェライト磁石とは

フェライト磁石とは、フェライト磁性体¹による磁石である。特に強磁性のハード・フェライトが、一般にいう磁石の性質を持つ。

  

軟磁性²のソフト・フェライトは(軟磁性であるため)フェライトコア³などに使われる。

 

 酸化鉄を主原料にしてバリウム⁴やストロンチウム⁵などを微量加えて焼き固めて作る化合物。

   

焼き固めた後に1μmほどの粒子に粉砕したものを成型し焼結⁶する窯業製品⁷である。

  

ハード・フェライトでは焼結後に電磁石によって着磁⁸することで永久磁石とする。比較的強い磁性を持ちながら安価なため、様々な用途に用いられる。

         

近年は特性を向上させるために、ランタン⁹やコバルト10を加える物も製造されている。

                  

 ¹フェライト磁性体:酸化鉄を主成分とするセラミック。ほとんどが磁性を示す。結晶構造によってスピネルフェライト、六方晶フェライト、ガーネットフェライト等に分類。

         

²軟磁性:磁性体の中でも比較的簡単に磁極が消えたり反転したりするもの。

         

³フェライトコア:フェライト製の磁性体で、ソレノイドのコアにする棒状のものや、ドーナツ状の円環(トロイダルコア)など多種多様のものがある。

        

 ⁴バリウム:元素番号56の元素で、銀白色の軟らかい金属で、レントゲンの造影剤として使われます。

   

⁵ストロンチウム:元素番号38の元素で、銀白色の金属で、花火や、発煙筒の発色剤として使われます。

⁶焼結:固体粉末を融点よりも低い温度で加熱すると、粉末が固まって焼結体と呼ばれる緻密な物質になる現象。出来た物は焼結品などと言われる。

⁷窯業製品:粘土、ケイ砂、石灰岩などの非金属原料を高熱処理した、陶磁器、瓦、ガラス、セメントなどのセラミックスのこと。

⁸着磁:磁気を帯びていない磁石に磁気をつけること。

⁹ランタン:元素番号57の元素で、銀白色の金属。合金の添加物などに使われる。

10コバルト:元素番号27の元素で、銀白色の金属。合金の添加物などに使われる。

ハード・フェライトとソフト・フェライト

ハード・フェライト:硬磁性¹を示す強い磁性を持つ永久磁石であり、セラミック磁石とも呼ばれる。              保磁力²の違いで「等方性フェライト」と「異方性フェライト」に分けられる。              高い透磁率を持ち、セラミックスの磁石として知られる。

ソフト・フェライト:軟磁性を示し、外部磁界が加わると磁石となるが、外部磁界が無くなると磁力を失い元の状態に戻るもの。

¹硬磁性:磁性体の中でも簡単には磁極が消えたり反転したりしないもの。

²保磁力:磁化された磁性体を磁化されていない状態に戻すために必要な反対向きの外部磁場の強さ。

用途

ハード・フェライト:安価でそれほど強力な磁力が求められないあらゆる用途で使用されている。             通常のモーター用の磁石として最も一般的であり、特殊なものとしては、フェライトの粉をゴムやプラスチックに混ぜて固めた柔軟性のあるボンド磁石では、容易に切断することが可能なのが特徴。             複写機やレーザープリンターにはボンド磁石製のトナードラムが使われている。             粉末をテープに吸着させて磁気テープとして記憶媒体に使用されたが、ハードディスクドライブ (HDD) の記録面での利用が増えている。             スピーカーに使用される磁石は一部を除き、大部分がフェライト磁石である。ピップエレキバンで使用されている磁石もフェライト磁石である。

ソフト・フェライト:コイルや変圧器、磁気ヘッドなどの電子部品の磁心や、コピートナーに使用されている。

参照文献:
[1]Wikipedia フェライト磁石
https://ja.wikipedia.org/wiki/フェライト磁石 (2020年11月23日)