携帯電話が小さいのは

携帯やゲーム機のコントローラーは、マナーモード時の振動を発生させるモータなどには、
ネオジム磁石が使われているため片手に収まるサイズになったのです。

携帯で音楽を聴く人は小型スピーカーを使って音を出せるのは、
強力なネオジム磁石のおかげなのです。皆さん感謝しましょう。
他に、電話機の小型・軽量化には、回路のLSI化、部品のチップ化とともに、
送・受話器の小型・軽量化が大きく貢献しています。
今皆さんが使う受話器はとても小さく、とても薄いです。
マイクである送話器はもっと小さいものなのです。

この送・受話器には、圧電セラミックス材料が利用されていて、薄い圧電セラミックス板を
2枚の電極ではさみ、電極に音声の電気信号を送ると、
圧電セラミックス板は機械的振動を起こして音声を発生します。
これが受話器の原理です。また、音声によって圧電セラミックス板に機械的振動を加えると、
電圧が発生するので、これを電気信号として電極から取り出します。
これを利用すると送話器となるのです。

「磁石はこんなところでも使われています」より

参考文献

https://www.jp.tdk.com/tech-mag/ninja/032

アクセス日11月19日